kazuchishiki

日記と商品紹介の雑記ブログです。

Canvaの無料版と有料版の違い

f:id:kazuchishiki:20210525170053p:plain

こんにちは。

今回はCanvaの無料版と有料版の料金と基本的な機能を比較した記事を書きます。

ブログの記事が溜まってきたらどうしてもデザインをきちんとしよう!と思い「何かいいデザインソフトはないか?」と検索すると思います。僕も最初はイラストレーターというAdobeが出しているプロのデザイナーが使うデザインソフトを使おうとしましたが、毎月2728円掛かるということもあり、最初はCanvaでブログのデザインをすることに決めました。 

僕が個人的に一番気に入っているCanva有料版の機能は【背景リムーバー】が無制限になったことです。 無料版だと3回しか使えないので話になりませーん。

f:id:kazuchishiki:20210525160256p:plain

このようにワンクリックで、写真の背景を透明にできます。

無料版と有料版の違い

実際に何か違うのかを見ていきましょう。

 無料版 

 

  • 25万点を超える無料テンプレート
  • 100種類以上のデザインタイプ(SNSの投稿、プレゼンテーション、手紙など)
  • 数多くの無料の写真とグラフィックス
  • メンバーをチームに招待する
  • 背景リムーバを3回まで無料で利用できます
  • リアルタイムでのコラボレーションやコメント
  • 5GBのクラウドストレージ
 有料版 

 

  • 7,500万点を超えるプレミアムストック写真、動画、オーディオ、グラフィック
  • 毎日新しいデザインが追加される42万点を超える無料テンプレート
  • 1つのブランドキットを作成し、独自のフォントとロゴをアップロード
  • 背景リムーバを無制限に使用
  • マジックリサイズでデザインのサイズを好きなだけ変更できます
  • チームが使用するテンプレートとしてデザインを保存
  • 100GBのクラウドストレージ
  • SNSコンテンツを7つのプラットフォームにスケジュール

無料版とPro版の違い

  • 使える写真、動画、オーディオ、グラフィックの数が明らかに多い(7500万点)
  • テンプレートの数が25万点から42万点になった(ほぼ2倍)
  • 背景リムーバ3回までの制限が無制限になった
  • クラウドストレージが5GBから100GBに増加 

Pro版だけの機能

マリッジリサイズ

ボタンひとつで、その画像のサイズを変換することができます。

例:ブログで作った映像をインスタグラム用のサイズに変換する

SNSコンテンツをスケジュールする機能

これはなかなか便利な機能です。週末に1週間分のインスタグラム記事を作ってあとはスケジュールに入れ込むと毎日自動投稿してくれます。無料版もSNS投稿できますが、スケジュールは組めません。 

メリット、デメリット

Canva(有料版)に関してメリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • 写真、動画、オーディオ、グラフィックの数は無料版と比べてかなり多くなり、選ぶ幅が増える
  • クラウドサービスなので、ある程度遅いパソコンでも対応できる
  • コピペ感覚でデザインできるので、初心者向け

デメリット

  • 使っているブロガーが多いので、デザインが被ることが多い
  • 素材のサイズを変更する時の自由度が少ない

料金

月間契約・・・1,500円

年間契約・・・12,000円

2人以上で一緒に契約すると2人目は年間で6,000円です。

年間契約すると6,000円お得です。

まとめ

イラストレーターと比べたら自由度は確実に減りますが、僕みたいなデザイン初心者には間違いなく向ているクラウドデザインサービスです。それにイラストレーターでしたらある程度性能がいいパソコンじゃないと重くてうまく機能しない場合があります。Canvaでしたらウェブ上でデザインするので、ある程度遅いパソコンでも対応できます。

有料版の1ヵ月間無料体験もあるので、そちらを試してみてよかったら続けたらいいと思います。