kazuchishiki

日記と商品紹介の雑記ブログです。

熱中症、脱水状態基本知識と解決法【軽貨物ドライバー向け】

f:id:kazuchishiki:20210511084822p:plain

こんにちは。

これからの季節は熱くなりますので、軽貨物ドライバーは注意しないと熱中症や脱水症状になる可能性があります。特に1日中配達を行っていると水分補給し忘れることもありますので、この記事では熱中症と脱水症状の基礎知識とその解決法を記事に書きました。

熱中症と脱水症状の症状

以下の症状を経験したことはありませんか?

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 体温が暑い
  • 怠さ
  • 疲れ
  • 痙攣

ひとつでもある方は身体の中の水分と塩分が足りなくなっている可能性があります。

水分

水分が足りないと熱中症と脱水状態になりやすいです。とは言っても水を急に大量に取っても体は吸収し切れません。大人の平均的に必要な水分は1.5から2リットルと言われています。体重1キロに付き35mlが目安です。

50キロ・・・1.7リットル

60キロ・・・2.1リットル

70キロ・・・2.4リットル

80キロ・・・2.8リットル

一回飲む目安は200mlです。一気に大量に飲むと体が吸収せずに、体に出てしまいます。

飲むべきもの?

シンプルに水が一番です。コーラ、スポーツドリンク、ジュースなどにはたくさんの添加物と砂糖が入っています。体が機能する前にこれらを処理する必要があります。

500mlのコーラの中には50gの砂糖か含まれています。

500mlのスポーツドリンクには30gの砂糖が含まれています。

例ですが、卵の重さは殻付きですと、58gぐらいです。

スポーツドリンクには卵の半分の量を取ることになります。

恐ろしい。

飲んでいるので分かりませんが、卵型の白砂糖を口に入れたらすごいことになりそうですね。

なので、水が一番です。

重いので、まとめ買いしても配達員が玄関まで届けてくれてのは嬉しいですね。

Amazonプライム会員なら送料無料で、最短翌日に届けてくれます。

塩分

汗をかくとたくさんの塩分が体に出てきます。そのために水分だけではなく適度な塩分も同時に取る必要があります。スポーツドリンクを飲む人もいると思いますが、スポーツドリンクの中には塩分も入っているのですが、砂糖もたくさんの入ってるためあまりおすすめできません。1日で必要な塩分は7g未満です。

Amazonで購入する場合、Amazonプライム会員なら送料無料で、最短翌日に届けてくれます。 

帽子を被る

帽子を被ることにより、頭皮を紫外線から守ることごできます。その結果体が暑くなりにくいです。

風通しの良し長袖を着る

長い長袖を着ることにより、紫外線から肌を守るのと直射日光を当たらないため体が暑くなりにくいです。僕のおすすめはユニクロのエアリズムの長袖のシャツですね。

生地もそこまで厚くなく風通しもよいので軽貨物ドライバーにおすすめです。

エアリズム (men) | ユニクロ (uniqlo.com)

体温を下げる食べ物を食べる

暑いと食欲もなくなりますよね。暑い時は体温を下げてくれる食べ物を食べることをおすすめします。

代表的な例は

  • キャベツ
  • レタス
  • きゅうり
  • なす
  • トマト
  • もやし
  • バナナ
  • パイナップル

窓にサンシェードを付ける

運転中はできませんが、長い時間の駐車はふロンドガラスと両側の窓にサンシェードを張るだけでも車内の温度を下げられます。

100均で300円ぐらいで売っていたので、是非購入してみて下さい。

まとめ

軽貨物ドライバーはほとんど一日中外で走り回っているため、夏に関わらず体調管理として、日頃から水分を取ることによって身体を良いコンディションに保つことが出来ます。