kazuchishiki

日記と商品紹介の雑記ブログです。

軽貨物ドライバー節約術 ガソリン代

f:id:kazuchishiki:20210504063335p:plain
こんにちは。

今回は軽貨物ドライバー向けにガソリン代を節約する方法を記事にまとめました。

軽貨物ドライバーの仕事をする上でもっとも掛かる経費はガソリン代です。

ガソリンスタンドはセルフを探せ!

ガソリンスタンドに行くとセフルとスタッフがやってくれるところがありますよね?

セルフの方が明らかに安いです。

平均して1円から1.5円安いです。

たったの1円から1.5円!と思っている軽貨物ドライバーのあなた!

軽貨物ドライバー平均して月に500リットル入れる計算で

これは週に40リットルを3回満タンに入れる計算になります。

 

500リットル×1.5円=750円

750円×12ヶ月=9000円

年間で9000円節約できます。

 

9000円で夫婦で牛角の食べ放題に行くのもよし!自分のへそくりにしてもよし!

ガソリンスタンドでポイントカードを使う

ガソリンスタンドでポイントを使うことにより少しでもお金の節約にできます。

一般的なポイントカードは200円に1ポイントなので、月に30000円ガソリン代を使うとしたら600ポイント貯まり、年間で7200円にもなります。

があれば基本的にどこのガソリンスタンドもポイントがためられます。

高速道路vs下道

ガソリンの減り具合から見ると一定のスピードで走った方がガソリンの減りは遅いです。

サービスエリアのガソリンスタンドは他のガソリンスタンドとの競争がない分料金を

10円から20円高くしています。

高速に乗る前にガソリンを満タンにしてから乗りましょう。

クリープ現象をフル活用

クリープ現象とはオートマチック車のギアがパーキングかニュートラル以外に入っている時にアクセルを踏んでいない状態で車がゆっくり前進やバックする、時速数キロほどのスピードで車が動く現象のことです。

発進時、渋滞時とバックする時にクリープ現象を使うことによりエンジンに余計な負担を掛けることなく、結果的にガソリンの節約になります。

3つの急(急発進、急ブレーキ、急ハンドル)を減らす

急発進、急ブレーキをすることによりエンジンに過度な負担を掛け、ガゾリンを普段よりも多く使うことになります。

急ハンドルは事故の元です。

3つの急を避けることによりガソリンの節約だけではなく事故に会う確率も下がります。

普段から安全運転を心掛けることでガソリンも節約できるので、一石二鳥ですね。

車の冷房、暖房はできるだけ使わない

エアコンも暖房のガソリン代もバカになりません。暑く時は窓を開けて風を通すことにより車内は涼しくなります。

寒いときはできるだけ暖かい格好をして暖房を付けずに運転するとガソリン代を節約できます。

もちろん、寒すぎて風邪を引いてもダメなので真冬は暖房を付けましょう。

まとめ

安いガソリンスタンド探しとポイントカートを使うことによりガソリン代の節約ができますが、それと普段の運転に気を付けるとさらに節約になります。

皆さんもガソリン代を節約し、出費を抑えましょう。