kazuchishiki

日記と商品紹介の雑記ブログです。

ウーバーイーツを始める前に知るべき8つの注意点【初心者向け】

ウーバーイーツの配達員を行う前にいくつか注意点を把握する必要があります。僕も1年ぐらいウーバーイーツの配達員をやっていますが、この1年の間に気づいたことをこの記事に書きました。これを読むことにより少しでもみなさんの為になったらうれしいです。

 

配達に必要なものを用意する

プロの料理人に包丁なしで肉を切ることができないように僕らウーバーイーツの配達員は道具がなければ仕事ができません。

詳しくは下記の記事

www.kazuchishiki.com

グーグルマップを使いこなす

ウーバーイーツに関係なく、あらゆるデリバリーの配達員はグーグルマップを使いこなせなければ、商品をスムーズに注文者の所に届けることができません。もちろん、グーグルマップを絶対に使わないといけないわけでもなくヤフーマップでもOKです。

とにかく、マップ関係を使いこなせることがデリバリー業界で勝てる秘訣です。

注文者のメモを読む

すべてではありませんが、注文者によって特別にやってほしいことをメモに書きます。例えば、「マクドナルドでケチャップを受け取ってほしい」「ピンポンを押すのではなく着いたら電話をしてほしい」「玄関で受け渡しとアプリで選択されていますが、実際は置き配をしてほしい」など。僕はお店から食事を受け取った後に注文者のメモを確認してからお店を出るようにしています。

商品をスムーズに届ける

お店からもらった商品をできるだけ同じ状態で注文者のところに届けることにより

自分の信頼を築くことができます。もちろん、ウーバーイーツでは個人の信頼なんか、どうでもいいじゃん!と思っている人も大勢いると思いますが、僕はウーバーイーツの会社としての信頼を築くためにできるだけ、商品をスムーズに届けるように心掛けています。

もちろん、僕も固定するのに失敗し注文者のところに行って確認したら料理がごちゃごちゃになったことがあります。

でも、できるだけスムーズに届けましょう。

置き配の注意点

コロナの影響もあり、ウーバーイーツでも置配が増えています。置き配をする時にドアが開くとすぐに商品を当たってせっかくの運んだ料理が崩れてしまうところに置かないようにしましょう。ドアを開けてすぐに料理が見えるところに置くのがベストですが、ドアを開けると壁がすぐにあるところもあるので、その時はドアから離しておきます。 

誤配に注意!

誤配をすることにより、ウーバーイーツでの評価は下がります。そして、あまりにも評価が下がるとアカウントがなくなることもあります。ウーバーイーツに関わらず他の配達業も誤配に気を付けなければなりません。同じ住所でいくつも家が建っているところもあるので、はっきりしない時は注文者に電話をして確認しましょう。 

関係者には礼儀正しく接する

ここでの関係者とは、お店の人、注文者、町で会う人のことを指します。

お店の人には、「おはようございます!」「こんにちは!」「こんばんは!」と元気よくあいさつし、「ウーバーイーツです。注文番号は〇〇です。」と伝えます。注文番号はできるだけ大きく、聞こえやすく伝えます。 

注文者には、同じくあいさつし、「お待たせしました。ウーバーイーツです。ありがとうございました!」と元気よく伝えます。 

町の人には、何か迷惑かけたような行動を取ったら「すみません」道を譲ってもらったら「ありがとうございます」と礼儀正しく接します。

同僚のウーバーイーツの配達員を見かけたら「お疲れ様です」と伝えるのもいいですね。ウーバーイーツは基本的に一人で行う仕事なので、あいさつされると寂しさがなくなります。(僕だけかもしれませんが・・・)

駐停車

車とバイクはもちろん交通法に従って駐停車をします。自転車はそこまで罰金を気にしなくていいのですが、できるだけ他の人の迷惑の関わらないところに自転車を止めましょう。

まとめ

ウーバーイーツに関わらず、すべての配達業を始める前にある程度知識を入れると安心して始められます。では、良い配達を!