kazuchishiki

日記と商品紹介の雑記ブログです。

生姜 - 健康の秘訣

生姜は身体に良いと昔から言われています。中国だと紀元前500年前から薬用などで使われていました。寒いときは生姜紅茶を飲んだり、体調不良の時は生姜を使った料理食べたりしていますよね。

 

なぜ生姜を食べると身体が温まるのか?

 

実は生姜が身体を温まるのではなく、生姜を摂ることにより血管が広がり、身体の内側から熱が出る仕組みになっています。

 

ここで、生姜の栄養を調べていきましょう。

 

結構たくさんの栄養分が含まれていますね!

 

ビタミンB3(ナイアシン

二日酔いを和らげたり、皮膚や粘膜を健康に保つ

 

ビタミンB6

ニキビ予防の働きがあります。ビタミンB6が足りなくなると、Tゾーンやあごがべたべたしたり、ニキビができたりします。

 

ビタミンC

老化や身体機能の低下を防げます。美肌効果、風邪予防、疲れ解消の効果があります。

 

血液を健康にし、全身を元気にします。

 

体内の酸化防止、骨を形成するのを助けます。

 

マグネシウム

健康な骨や歯を作り上げます。

 

マンガン

骨、皮膚などの組織を作り上げ、骨へのミネラルの吸収を助けます。

 

モリブデン

貧血を予防します。血液の中で鉄が付属しているとモリブデンは肝臓に蓄積されている鉄を血液に運び出します。

 

カリウム

むくみの解消、疲労回復などの効果があります。

 

セレン

老化防止、生活習慣病の予防効果があります。

 

パントテン酸

免疫抗体を作り上げ、解毒作用があります。

 

これを見るだけで、身体に良さそうな栄養がたくさん含まれていますね。

 

保存法

 

スーパーで生の生姜を買って今すぐに使わない場合は

  • 生姜を洗って、保存容器(消毒した瓶)に入れる
  • 水が被るぐらいまでに水を入れ、冷蔵庫に保存する
  • 3日おきに水を買える

 

スライスしたものはサランラップに包んで冷凍庫に保存する。

 

上記の二つの方法で保存期間1ヵ月ぐらいは持ちます。

 

 新鮮な生姜の選び方

ふっくらしてはりがあり、硬いものがいいですね。傷や切口があるものと乾燥しているものは避けましょう。

 

まとめ

 

生姜はとても身体に良いのですが、あまりたくさん摂ってもあれなので、目安は10gみたいです。スライスだと6枚、すり下ろしだと小さじ1杯ぐらいです。